整理

ハローワークだけじゃない? 仕事探しのやり方5選 サイトも含めてご紹介

整理

 

 サポートステーションやハローワークなどの職業安定所だけしか利用しない人は、当然様々な媒体を活用している人と比べて適職に巡り合う確率は低くなります。

さらに、ブランクが空いてるとなると、どうやって仕事探しをすればいいのかわからなくなることってありますよね。

まずは少しでも動き出すためにも、他にどんな方法があるのか見てみましょう。

フリーペーパーで探す

 仕事がなかなか決まらない人の特徴の一つとして、”考えすぎて身動きが取れない”ことが挙げられます。

そういった場合は、まずは眺める作業でもいいので、求人に目を通しましょう。

 

そんな時におすすめなのが、タウンワークなどのフリーペーパー。

 

アルバイト探しに特化したイメージが強いですが、正社員の求人情報も掲載されています。

意外な募集を発見できるかもしれないので、悩んでいる人はぜひ手に取ってみましょう。

 

求人サイトで探す

 ネットで簡単に求人を探すことも出来ます。

こちらの求人広告媒体を利用してみましょう。

 

doda

 

人材紹介の窓口としても機能し、サイトの利用者だけに限らず、専門性を持った広い範囲の職種や業種の人材紹介利用者にもマッチする求人情報を提供することが出来ます。

また、エンジニアに特化した「dodaエンジニア」も併設しており、その中でもIT系、モノづくり系エンジニアなど、独自の検索項目が設置されています。

 

>>5人に1人が登録!ベネッセの成長支援型逆求人就活サービス【dodaキャンパス】

 

リクナビNEXT

 数多くの中小企業からの求人を掲載しています。

企業側からの直接オファーによるアプローチがあることも特徴の一つです。

会員の割合は、若手からベテランまで幅広く、求人者の行動データを緻密に分析することで、その人に合った企業とのマッチング率を高める独自のテクノロジーを採用しています。

 

>>リクナビNEXT

 

転職エージェントを利用する

 転職エージェントとは、人材紹介サービスのひとつで、キャリアアドバイザーと面談をしながら自分に合った企業を探すことが出来ます。非公開求人も紹介してもらえるケースもあるので、中には好条件の求人も存在します。

模擬面接や、企業に採用されやすい「履歴書」と「職務経歴書」の作成を手助けしてもらえるなど、サポート面も充実しています。

その他にも、推薦状を作成してくれる転職エージェントもあります。

 

 

飛び込んでみる

 先程までは、媒体の利用を前提にお話しましたが、自分が気になった場所を訪ねてみることも方法の一つです。

これは感性的なものにはなりますが、「ここなんかいいなぁ」という感じで、何か引き込まれる所があるなら、もしかしたら何かの縁かもしれません。

人生何が起こるかわかりませんので。

友人に紹介してもらう

 交友関係が広い知人を利用するのも手です。

知り合いの知り合いが企業の上層部だったり、ちょうど募集がかかっている職場のスタッフだったり、繋がりが繋がりを呼んで、それだけ情報が集まってきます。

”仕事に就く”ことが目的であるならば、有効な手段だと言えます。

副業を始めてみる

就職活動だけが人生の正しい選択だとは限りません。

人によっては、組織に属するよりも、個人の能力や、クリエイティビティ―だけで生計を立てている人も存在します。

 

 

以上が仕事の探し方の紹介となります。

 

まずは、今一度自分がどういった手段を利用したいのか考えてみましょう。

ページトップに戻る
タイトルとURLをコピーしました